ほっと住まいるの施工事例

20150512_hot-smile-9-1
sub47-1

母から受け継いだ終の棲家

お母様から譲り受けた住まいは約16坪の小さな平屋。築35年のこの家を終の棲家とするのにご夫婦が選択したのは大規模リノベーション!! 四季折々の景色を楽しむ大きなウッドデッキに男の隠れ家たる小屋裏の書斎スペース・・・ご夫婦のこだわりを詰め込んで大変身を遂げた住まいの天井には太く立派な野物の梁。お母様と一緒に歩んだ歴史の面影が・・・。

My favorite

勾配天井にすることで趣のある梁が姿を見せることに!!

広々ウッドデッキはご夫婦のたってのご希望

赤のキッチンがダークカラーで設えた空間の中で存在感を際立たせる

ご主人が描いた絵画を飾るように玄関にはピクチャーレールを

Interview

亡き母が暮らしていた家ということで愛着もあって、壊してしまうのも忍びないと思い、リノベーションに踏み切りました。新築とリノベーションのメリット、デメリットを詳しく説明してくれて補助金制度の上手な使い方もアドバイスしてくれたので、賢く家づくりができたと思います。夫婦だけでのんびり暮らすのにちょうどいい家ができました。