周智郡森町S様邸新築工事/制振ダンパー『ダイナコンティ』

query_builder 2022/10/10
家づくり現場
画像1

こんにちは。浜松市の工務店、ほっと住まいるの栗田です。


今日は周智郡森町の新築現場、S様邸に取付けられた制振ダンパー『ダイナコンティ』のご紹介。

上方のベースを梁、下方のベースを柱に取付けられたコチラの金属部品が制振ダンパーです。

『ダイナコンティ』の名前の由来はDynamic(ダイナミック)+Continue(コンティニュー)。いつ襲ってくるかわからない大きな地震から繰り返しお家を守る、力強さと継続性を兼ね備えるものとして『ダイナコンティ』と名付けられているようです。それを更に略してダイコンダンパーって呼んじゃうのはちょっと失礼でしょうかね(笑)


弊社では建物は耐震構造を基本としており、長期優良住宅制度において『耐震等級3』が取得できる頑丈な造りとなっています。その等級3を構成する要素の中にダイナコンティの存在は含まれておらず、制振ダンパーを取付けなくとも建築確認申請の許可はもらえます。実際に、ダンパーなど無くとも建てられているお家は世の中にはたくさん存在しますし、それが悪いことだというわけではありません。


しかしながら、最近では弊社で家を建てるお客様の9割以上、ほぼ100%に近い割合の方がダイナコンティを設置しています。それはダイナコンティを標準仕様としているからという一面もあるのですが、地震が起きたときのプラスアルファの安心感を求めて取付けられているような感が見受けられますね。


耐震等級3・・・これは阪神淡路大震災クラスの数百年に一度起こるような地震の1.5倍の地震力にも耐えられるように設計されたもので、災害時の救護拠点とされる消防署や警察署などの建物に匹敵する頑強さをほこります。そう思うと、耐震等級3の建物は相当安全な建物であるといえますよね。

ただ、そのような強固な建物あっても、倒壊することがないにしても地震が起きればダメージを受けます。地震で10の力が発生したとき、10の力を受け止めることが出来る建物は倒壊しません。でも、ダイナコンティを組み込むことで、その力を5にまで軽減することが出来たら・・・・・・そんなことから弊社では耐震+制振という構造にすべくダイナコンティを標準仕様としており、お客様の方でもそれを受け入れていただいています。

NEW

  • 2022 冬到来

    query_builder 2022/12/03
  • 掛川市モデルハウス/上棟

    query_builder 2022/12/05
  • とあるスタッフの一日

    query_builder 2022/11/26
  • 新しい朝

    query_builder 2022/11/18
  • 春を待つ

    query_builder 2022/11/11

CATEGORY

ARCHIVE