頑丈な構造にほっ

長期優良住宅制度対応の安心構造

阪神大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、そして熊本地震・・・ 昨今の頻発している地震に、今後発生が予測されている東南海地震・・・ 地震大国日本、ことに静岡県に暮らす私たちにとって耐震性は最も憂慮すべき要素のひとつであることは誰の目にも明らかです。

耐震等級3・・・数百年に一度発生する地震の1.5倍の地震力に対して倒壊・崩壊しないレベルの躯体構造。 ほっと住まいるでは長期優良住宅制度における最高等級を取得できる住宅を提供し、地震からお客様の生命と財産を守ります。

木造軸組工法+耐力面材『ダイライト』

ほっと住まいるのつくる家は柱と梁、それから筋交いを組み合わせて建てる昔ながらの木造軸組工法の建物です。 木造軸組工法は間取りの自由度が高い一方で、地震時に接合部に力が集中してしまうという点が不安視されていました。 建物外周部には耐力面材『ダイライト』を張り、面で力を受け流すことで、設計の自由度の高さはそのままに木造軸組み工法の弱点を解消しています。

耐震構造にプラスアルファのご提案

耐震等級3を取得可能な構造躯体にプラスアルファの要素としてご提案するのは制振装置『ダイナコンティ』。

我が国では地震対策の工法として『揺れに耐える』耐震、『揺れを吸収する』制震、『揺れを伝えない』免震という3つの工法が導入されています。 中でも、揺れを伝えない免震工法は地震に対して絶大な効果が期待できるといわれています。 しかしその一方で、ビルトインガレージの間取りでは施工出来ない、狭小敷地では施工が出来ないといった一定の制限を受けると同時に、導入コストが非常に高くなるといった側面も持ち合わせています。

そこで、ほっと住まいるではあらゆる木造住宅、あらゆる間取りに設置が可能で導入コストも比較的安価なダイナコンティを採用し、『耐震+制振装置』という考えの元、地震時における建物へのダメージの軽減を図っています。