施工事例

 

次代を越えて受け継がれた家

時代を超えて受け継がれた家 明治5年に移築された住まいは正に『古民家』。家の歴史を遡れば移築以前の幕末にまで辿り着く。そんな先祖代々からの住まいを耐震補強を兼ねて大胆にリノベーション。 まるで旅館のような雰囲気が漂う広々した玄関に通し間の和室・・・古民家が有する独特の重厚感を残しつつ、シラス壁やカバザクラ無垢フローリングなどの自然素材を取り入れた明るく快適な住まいに生まれ変わりました。

 

My favorite

 

広縁境の障子は昔のものをそのまま利用

 

昔ながらの通し間の和室には年季の入った家具がよく似合う

 

トイレの扉も別の場所で使用していて扉を再利用したもの

 

勾配天井にすることで屋根裏に隠れていた梁がその姿を現した

Interview

古い家のリフォームということで、希望している施工が出来ないことがありました。そんなとき、別の方法を提案してもらったり、当初予定になかった収納を工事中に増やしてもらったりと、色々と柔軟に対応してもらいました。キッチンなんかの設備関係が新しいものになれば生活も快適なるということは容易に想像できましたが、内装面が良くなった後の快適な生活というものがなかなか想像できませんでした。いざ完成したときの出来栄えにとても驚いています。