リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションという似た響きの言葉がありますが、この2つの違いはわかりますか?住まいを考える際に耳にするこれらの言葉について解説いたします。

 

リフォームとは基本的に、古くなった建物を新築時の状態に戻すことを指します。家の中の壊れていたり、汚れている箇所を直したり、新しくしてしまうことです。具体的にはキッチン設備の入れ替えや壁紙の変更などの、比較的小規模な工事がリフォームに当たります。

 

それに対して一般にリノベーションとは、すでに存在している建物に対して大規模な工事を行うことによって性能を新築時の状態より向上させることを指します。

マイナスの状態にあるものを、ゼロにまで戻すのがリフォームであるのに対して、プラスにまで引き上げるのがリノベーションです。

例えば、間取りを変更したり、耐久性や耐震性を上げるために壁面の補修を行うというように、比較的大規模な工事がリノベーションに該当するとされています。

 

他の特徴としては、工事の規模が違うので、リノベーションの方が比較的費用が大きくなることや、リフォームの方が短い期間で終わる工事が多いということなどが挙げらあれます。

 

このように一般的には、リフォームが小規模、リノベーションの方が大規模であるとされています。しかし、実際にはこれら二つの言葉が同じような使われ方をされていることもあります。その時でも今回お伝えしました規模や内容に注目してみましょう。