自然素材はご存知でしょうか?

自然素材とは、天然素材とも呼ばれ、自然界にある材料に最小限の加工のみを施した、人工的な化学物質を使わない素材のことを言います。

代表的なものとして、無垢の木材を使用したフローリングや建具をはじめ、珪藻土や漆喰(しっくい)などの塗り壁材、紙やケナフなどの草を原料とした壁紙、などが挙げられます。

近年この自然素材を使った住宅の人気が上がってきています。それはなぜでしょうか。

 

一言で言うと、自然素材の家は人の健康に優しいからです。

住宅業界では1990年代初めあたりよりシックハウス症候群が問題となっていました。

その原因の一つが有害な化学物質を含む建材であるとされています。

せっかく新築住宅やリフォームをした住宅に住み始めたのに健康被害が出てしまうと元も子もないですよね。こうして、人工的な化学物質で加工しない自然素材が注目されることになりました。

 

また、地球全体でみても、国産の素材を用いることが多く、輸送に無駄なエネルギーを使わない自然素材の住宅は環境にやさしいと言えるでしょう。

環境問題が世界中で叫ばれている現代社会において、自分の住宅でエコロジーに貢献することは良いことです。

 

自然素材についてご理解いただけたでしょうか。次回以降では、自然素材のうち無垢床材のメリットとデメリットについてお伝えします。