あなたも知らないうちに?シックハウス症候群とは

シックハウス症候群という言葉はご存知でしょうか。シックハウス症候群とは、建材や家具などの接着剤に含まれる有害化学物質により室内の空気が汚染され、健康被害を訴える症状のことです。近頃住宅の高気密化や高断熱化が進んでいますが、そこで化学物資を含有した建材を用いることがあります。その建材から発生する化学物資がシックハウス症候群の主な原因とされています。

 

シックハウス症候群の症状としては次のようなものがあります。

・頭痛
・目の痛み、かゆみ
・鼻水、鼻づまり
・耳鳴り
・咳、くしゃみ
・じんましん、湿疹

 

しかし、こうした症状はシックハウス症候群に特有のものではないため、たとえ症状が出ていたとしても気づかないこともあります。また、患者の方の体調などに応じて症状の重さも変わってくるので判断は難しくなります。こうした症状が家の中で特にひどい場合にはシックハウス症候群の可能性があるといえるでしょう。

 

シックハウス症候群の主な原因は空気中の化学物質であるため、部屋の換気が対処方法となります。また、ハウスダストも原因の一つとされているので、ハウスダスト対策となる掃除も有効といえるでしょう。次回以降は、この二つの効果的な実践方法についてお伝えします。