子ども部屋で勉強するデメリット

家の中での学習環境に応じて、お子さんの学力は大きく変わってきますよね。前回は子ども部屋で勉強させるメリットについてお伝えしましたが、今回はそのデメリットをお伝えします。主に以下のようなデメリットが挙げられます。

 

親にすぐ質問できない
集中が続かずにだらけてしまう
ゲームや漫画などで遊んでしまう

 

小学校に入学してすぐの1、2年生の頃などは、小学生として初めて勉強することになるため、自分ひとりで宿題をやりきることができるお子さんは少ないでしょう。そこで、ご家族の方が質問に答えてあげるなどのサポートが必要になってきます。しかし、子ども部屋にお子さんがいると質問のたびにご家族の方を訪ねてくることになり、非常に面倒になってしまいます。

 

また、子ども部屋では特に苦手な教科の勉強などで集中力が持続せずにだらけてしまうこともあります。子どもにとって苦手な教科の勉強は苦痛でしかありません。学校では先生の目が、リビングなどではご家族の方の目があって勉強せざるを得ないとしても、自分ひとりの部屋だと続ける気がなくなってしまいます。宿題の教科や内容に応じて勉強する場所を変えてあげると、メリハリをつけて勉強することができそうです。

 

こうしたデメリットも踏まえて、お子さんにあった学習スペースを作ってあげましょう。