開放感を演出するには

家を建てる、暮らしていく際にはやっぱり開放感のある、広々とした家に住みたい!という方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は開放感のある家の作り方について、いくつのポイントをお伝えします。

 

LDKを一体にする
 リビング、ダイニング、キッチンを一つにしてしまうことで部屋の広さを大きくできます。開放的な空間を作るには、部屋数を減らして部屋の横方向への広がりを大きくするというのは非常に有効です。

 

吹き抜けを作る
LDKにすることで横方向への広がりを作るとすれば、吹き抜けを作ることによって縦方向への広がりを作ることができます。たとえお部屋の面積を増やせなくても、高さを上げることで開放感を演出することができます。

 

視界に入るモノを少なくする
 視界の中にモノがたくさんあると、どうしてもそのスペースから雑然とした印象を受けてしまいますよね。したがって、開放感を得るためにはできるだけモノを片づけておく必要があります。片づけるための収納スペースも忘れずに確保しておきましょう。

 

開放感の作り方について理解していただけましたか?限られた広さの空間であってもその使い方によって広さの感じ方は変わってきます。こうしたポイントも参考に、広々とした家で過ごされてみてはどうでしょうか。