新築住宅のデメリット

前回の記事では、誰もが憧れる新築住宅に住むことのメリットをお伝えしました。なによりも新築で暮らすという気持ちの面でのメリットも大きかったですが、決して良いことばかりとは言えません。今回は新築住宅に住むうえでのデメリットについてお伝えします。

 

中古より高額
当たり前ですが、新築住宅は中古住宅に比べて住むための費用が高くなってしまいます。それは建物と土地自体の価格はもちろんですが、エアコンや照明などの付帯設備も揃える必要があります。中古住宅に比べると、こうした設備面においても余計に費用がかかります。
住む場所の選択肢が少ない
駅に近い場所など生活に一番便利の良い場所はもうすでに何らかの形で利用されてしまっている場合が多いです。そのため家を新しく建てるには郊外が中心となります。自分に希望通りの場所には住めないかもしれません。

 

引っ越しをするまで時間がかかる
注文住宅の形でご自身の希望により1から家を建てる場合はもちろん中古住宅より住み始めるまでの期間は長くなってしまいます。また、分譲住宅であっても設備などを揃える必要があるため比較的遅くなってしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。家を考える際には、それぞれの選択肢のメリットとデメリットを踏まえた上で、ご自身が何を大切にされるのかを決めていくことが重要です。