不動産とクーリングオフ

 
皆さんは不動産とクーリングオフと聞いてどのような印象をお持ちでしょうか?
「え、注文住宅にクーリングオフってあるの!?」
「いつでも適応されるの!?」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は不動産のクーリングオフについてお話していこうと思います。
 
そもそもクーリングオフとは契約の後で一定期間の間、無条件で契約を無効にすることができます。しかし不動産で適応できるということはあまり知られていません。この不動産に関してクーリングオフが適応される場合は宅建業者が売主となる宅地や建築物の場合になっています。

逆にクーリングオフ制度が適応されない場合もあります。それは売主が個人の場合などです。このような場合にはクーリングオフ制度は適応されないため注意しましょう。このクーリングオフ制度を適応したい場合はいくつかの書面が必要になってくるのでしっかりとした確認をしておきましょう。
 
いかがでしたでしょうか。不動産のクーリングオフについて知ることができましたね。ぜひクーリングオフ制度を活用したいという方はスピード感を持って行動することが必要になってきます。そして、後悔しない不動産選びを行いましょう。