注文住宅と建売住宅の違いって

皆さんは注文住宅と建売住宅の違いと聞いてどのような印象をお持ちでしょうか?
「え、建売住宅についてあまり知らない・・・。」
「注文住宅か建売住宅かで迷うな。」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は注文住宅と建売住宅の違いについてお話していこうと思います。

 

そもそも注文住宅は名前の通り、間取りや仕様を一から決めて建てる住宅のことです。やはり自分の要望が最優先されるので自由度が高いものになってきます。反対に建売住宅はもともと業者がデザインや設計などを行って建てられた住宅のため自由度は全くありません。したがって、自分の生活スタイルに必要のないものなども含まれている場合などがあります。

 

このように考えると、注文住宅の方が良いように感じてしまうかもしれませんが、建売住宅にもメリットはあります。それは『実物を見て買える』ということです。注文住宅は契約時に実際に住む家の実物がまだ出来ていないので、どうしても『ここはこんな感じになるんだろうな』とイメージする力が必要となります。

 

その反面、建売住宅は実物を見るから気に入る、気に入らないの判断が付きやすいですし、契約後に工事を開始する注文住宅のようにご入居までの時間を待たずにすむという点もメリットと言えるでしょうね。
 
間取りとか仕様とかを考えるのが苦手という方は建売住宅という選択肢も考えてみてください。ありがとうございました。