気を付けておきたい外壁の色選び

「新築を建てたはいいが、外壁の色が想像していたものと違う」なんて失敗は起こしたくないでよね。
今日は皆さんが理想の新築を建てられるように、外壁の色選びについてお話します。

 

外壁の色を選ぶ時は、サンプルを見て決めましょう。
サンプルのサイズは小さいですが、外壁のイメージがしやすくなります。

 

このときの注意点ですが、サンプルは太陽光の下で見るようにしてください。
なぜなら部屋の灯りでは少し暗めに見えてしまうサンプルも、太陽光の下で見るとトーンが少し明るく見えるからです。
ですので外壁の色はイメージしているものより少し暗めのものを選ぶとよいでしょう。

 

外壁の汚れにも意識をしておきたいですよね。
真っ白や真っ黒な外壁は汚れが目立ちやすいため、できるだけ避けましょう。
また赤や青などの原色系の外壁は、年月が過ぎると色が薄くなってしまいます。

 

汚れが一番目立ちにくい色はグレーです。
グレーは中間色であるため、外壁に付着する汚れと色が同化するため、汚れを目立ちにくくしてくれます。

 

グレー以外の目立ちにくい色はアイボリー、ブラウン、ベージュです。
これらは明るめの色なので家の雰囲気も重くならず、外壁選びにはオススメです。

 

いろいろな点を考慮しながら素敵な新築を造りましょう。