人の体に優しい家造り

住宅の種類には、木造住宅、鉄骨造住宅、鉄筋コンクリート造住宅の3種類があります。
これらの中で人の体に優しいものは木造住宅と言われています。

木の家では、鉄や鉄筋コンクリートでは感じることのできない木のぬくもりや優しさを感じることができます。

 

最近耳にするシックハウス症候群という病気もありますが、自然素材の木の家では化学物質が
ほとんど出ないため、人の体に優しい家と言えます。

 

ここで木造住宅の良さを図る少し興味深い実験資料をご紹介したいと思います。
それは「鉄とコンクリートと木の箱でマウスを飼育したときの生存率の比較」という実験です。
鉄、コンクリート、木の箱の三つの中でねずみの子供を飼育したときの20日後の生存率を見るという内容です。

 

その結果
木製…約85パーセント
金属製…約40パーセント
コンクリート製…約5パーセント
となったそうです。
木造住宅が圧倒的に生存率が高いですね。

 

また木は目に有害な紫外線を吸収する効果もあります。

 

人間の一生の3分の1は家で眠っていると言われていますが、
自然の木に囲まれながら健康的な生活を送ることができるといいですね。