リノベーションをする際にしっておくべきポイント

賃貸に住むか、家を買うかというのは一生をきめる大きな決断でしょう。

その中の一つの選択肢として、中古住宅を買いリフォーム、リノベーションを行うというのがあります。

 

新築を買うよりも安く、手頃な値段で住宅を手に入れれるとあって、最近非常に人気が高い方法です。

安く手に入れれる一方で、住み始めて、失敗したという方が多いのも事実です。

 

リノベーションをするにあたって気をつけておくべきポイントについて書いていきます。

 

失敗の一番大きな要因は、気温や湿度などの住んでみないとわからないことについてです。

キッチンやおふろなど見えるところだけのリフォームだけでは、済んだ後後悔してしまいます。

 

築年数に合わせた、性能アップのリフォームをきちんと行いましょう。

建築基準の節目は1981年、1999年、2003年です。1981年で耐震性能、1999年で断熱の基準となる省エネ性能が新しくなり、2003年には新築住宅に24時間換気システムの設置が義務付けられました。

 

これ以前に建てられた家は性能が低い可能性がありますので、きちんと専門家に相談して必要な場合は性能アップを行うようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

家を買うことは一生に一度なので、失敗しないためにも入念に調べて購入するようにしてくださいね。