ゼロエネルギー住宅の押さえておきたいポイント

ゼロエネルギー住宅は、省エネ法という法律でも規定されている住宅で、省エネを実施して減少したエネルギーの消費量と創エネを行うことで作り出されたエネルギー量の年間の合計量がカギを握ります。
つまりその合計量が家庭で使う年間のエネルギーの消費量を差し引いてゼロとなるか、それ以上になる必要があります。

 

創エネを行う上で、一番の重要ポイントは太陽光発電システムの導入です。
そしてゼロエネルギー住宅の実現には、太陽光発電システムにおける一般的な住宅での年間発電量を意識することもポイントとなり、それもゼロエネルギー住宅の必須条件になります。

 

また省エネは使うエネルギーの削減方法がカギを握ることとなりますが、冷暖房の光熱費は家の断熱性に大きく影響を受けることとなるため、外気との断熱が実現されている必要もあります。
冬であれば暖房の空気を外に逃がさない、夏であれば冷房によって冷やされた空気を外に逃がさない造りにすることが求められます。

 

断熱性があるかないかによって、光熱費にも大きく違いを生じる結果となるからです。
詳細は省エネ法という法律の中で北海道から沖縄までを6つの区域に分け、それぞれの区域に断熱性能を示す基準値が定まっているので、それに基づいたゼロエネルギー住宅である要件も存在します。