ゼロエネルギー住宅って?

ゼロエネルギー住宅を多くしようという取り組みがなされており、これからは一般的になってくるのかもしれません。
しかし、ゼロエネルギー住宅について、誤解をしている人も多いのが実際のところです。

まず、ゼロエネルギー住宅とは、省エネにより消費エネルギー量を減らす・消費エネルギー量と同等のエネルギーを生産するということにより、成り立つ住宅のことを指すのであって、決して使うエネルギーをゼロにするのではないということです。

日常生活において、家庭で使うエネルギーを太陽光発電システムなどでまかなうという事が基本となります。
つまり、一般的に「断熱機能や機密性を向上させた家」+「効率的な住宅設備」+「省エネ設備」のことをゼロエネルギー住宅という事が出来ます。

エネルギーを生産するためには、それなりの設備を必要とします。
その為、その設置費用の元が取れるのかと心配に思っている人も多いようです。
各家庭によっても異なりますので、単純に比較することは出来ないものの、電気代の全てを生産することができ、さらに余った電力については電力会社に売ることが出来ますので、状況によっては毎月の電気代をまかなうことが出来るどころか、収入を得ることが出来る場合もあります。