建築の儀式「上棟式」

家づくりを行う際には、費用やデザイン、機能性などに重点を置く方が多いことかと思います。
では、建築における儀式についてはご存知でしょうか?
今回は、いくつかあるとされる建築の儀式の中の「上棟式」についてお話ししたいと思います。
上棟式は別名で建前とも呼ばれる、建築の儀式の一つです。

 

ではどういった内容の儀式なのでしょうか。
上棟式には無事棟が上がったことに喜び、感謝するという意味があります。

 

工事にかかわった人が集まり、これからの工事の安全を願うのです。
つまり、地鎮祭とは異なり、どちらかというとお祝いという意味合いが強いといえるでしょう。
そのため、神主さんを呼ぶこともありません。こちらも地鎮祭との大きな違いです。

 

このように大切な意味をもつ上棟式ですが、最近は、この上棟式を行わない方が多くなっているといわれています。
確かに、必ず行わなければならないというわけではありません。

 

ですが、上棟式を行うことで、工事にかかわった方々に感謝の気持ちを伝えることができます。
さらに、関係性を築くことで、これからの工事も気持ちよく行えることでしょう。
費用や時間に少しでも余裕がある方にはぜひ一度検討していただけたらと思います。