キッチンのワークトップ、素材はどうする?〜人工大理石編〜

使いやすいキッチンのワークトップには、どんな素材がふさわしいのでしょうか。
ワークトップとは天板のことで、普段作業や調理をするキッチン台の上部にあたります。
ワークトップは食材はもちろん、時には熱した鍋や調理器具を置く場所ですので、耐水性、耐汚性、耐熱性、耐久性に優れる素材を選ぶ必要があります。

 

人気の素材として長い間ステンレスが使われてきましたが、近年ではより美しく高級感のある人工大理石が選ばれるようになりました。

 

人工大理石とはアクリルやポリエステルなどの樹脂を固めたもので、大理石のような仕上がりという意味でこのように呼ばれています。
最も安価なものはポリエステル樹脂製の人工大理石ですが、耐久性と汚れのふき取りやすさではアクリル製の方が優れています。
いずれもデザイン性が高いのでおしゃれなキッチンを求める人に人気があります。

 

ただ、人工大理石は素材によって耐熱温度が異なるので、使用する場所や方法に気をつけるべき点がいくつかあります。
加熱された鍋などを置くと変色したり、細かな傷から汚れが染み込んで全体的にくすみやすい性質があります。

 

また強い衝撃が加わると割れてしまうことがあるので、重くて固いものを天板に落とさないよう注意が必要です。