3階建てで注意したいこととは

3階建ての家というのは、狭小地であっても生活空間をきちんと確保することができる便利な構造の住宅ではありますが、うまく空間づくりを行わないと、生活が不便になってしまいますので、注意しなければいけません。

 

住まいの環境づくりでは、ゾーニングといって、部屋の役割を明確にした配置決めというのが重要になってきます。

 

3階建ての家の場合、3階に行くためには階段を上がらなくてはなりません。
そうすると移動が大変ですから、階段の上り下りが少なく済むように、3階の部分は、一番使用頻度が低いスペース(例えば個室)にしておくことが必要です。

 

こういった工夫をしておけば、2階建てに住んでいるような感覚で住めるという人もいるでしょう。

 

ホームエレベーターを導入するといった手もありますが、これだと設置するためにはそれなりにスペースが必要ですし、かなり費用がかかってしまいます。

 

ちなみに、前面道路が狭い場合は3階建てが建てられないこともありますので、土地を選ぶ時には注意しておきたいところです。

 

なお、具体的な注意の仕方としては、用途地域を事前に確認しておくというものがあります。
用途地域というのは、都市計画法の中で、用途の混在を防ぐために定められているものです。