3階建てのメリット

一般的な日本の家屋では2階建ての住宅が主流ですが、建築技術の進歩とともに3階建て住宅が建てられやすくなり、多くの方にも注目されています。
まず3階建て住宅のメリットは、階数が3階もあるため、それぞれの階での床面積を有効に使うことができることです。

 

例えば物置や収納の部屋を新たに設けたり、また台所や風呂場なども広く設けることが可能となります。
それ以外にも家族がくつろぐリビングの部屋を広くできたりすれば、ゆったりとしたくつろげる環境で生活を送れます。

 

なお1階部分を倉庫や車庫にすることもでき、部屋の数を増やせるので趣味のための部屋を作り出すことができます。
こうした部屋があれば、働くサラリーマンであるお父さんにとってもストレス解消にも繋がります。

 

さらに大きなメリットとしては、小さな土地であっても有効に建物の敷地を確保できることで、建ぺい率に余裕ができることも優れています。
こうした土地の上方の空間を有効活用できるのは、3階建てならではの優れた点となります。

 

他にも眺望が優れている点や建物自体が高いことで日照を得られやすい面もあり、広さを確保することで親子の2世代住宅にすることもできます。
3階建ての住宅は、その分、2階建てよりも建築コストがかかりますが、その分だけ上記の様なメリットを享受できるので、検討に値する価値があります。