無垢材と自然塗装

無垢材は使用する木材の木目調を残し、外見上は美しい仕上がりになるケースが多いです。

 

そして、無垢材を利用したフローリングで仕上げ剤として塗布される塗料には、自然塗装とウレタン塗装の二つが存在し、自然塗装は、塗料に専用のオイルを使用し、それを無垢材に浸透させることで塗装を行います。

 

この自然塗装のメリットは、木の手触りなどの質感が感じられる点があり、木材の自然さをそのまま体感できる点で優れています。

 

なお自然塗装にはデメリットも存在し、表面に塗膜を作らないため汚れが付きやすい点があります。

 

またオイルの種類や使用状況によって定期的に塗り直しを行うことも必要となるため、その素材の状況や使用目的、使用量などによってはウレタン塗装を行った方が良い場合もございます。