おしゃれな和室を作るポイント

築30年以上の一戸建て住宅は和室の部屋が2室以上あることが多くなっています。築50年以上の住宅に至ってはすべての部屋が和室の可能性があります。中古物件で古い物を探せば探すほど和室が登場する割合が高くなっていくのです。

ところが、築10年以内の一戸建て住宅やマンションには和室が全く無いか、あってもリビングの隣に1室だけある設計が多くなっています。
和室が減少したのはそれなりに理由があります。その1つはフローリングの床の方が安いからです。

 

特に建売住宅で同じ面積の住宅をできるだけ安く販売したいとすれば和室を減らして洋室を増やした方がいいのです。もう一つは、和室は古くさいと言うイメージがあるからです。特に10代から20代の部屋のほとんどはフローリングが敷かれている部屋ではないでしょうか。つまり、和室のイメージはダサいのです。

 

ですが、和室がダサいかと言えばそれはデザインが悪かったり、家具などのコーディネートの仕方がおかしいからではないでしょうか。
では、おしゃれでモダンな和室を作るにはどうしたらいいでしょうか。

 

それにはプリーツスクリーンを利用したり、半帖畳を利用したり、あるいは、照明器具にダウンライトや間接照明なんかを取り入れてみたりするのもイイかもしれませんね。