無垢フローリングで大変なこと

床材の中でも人気なのが、無垢フローリング。
自然で温かみのある風合いがなんとも素敵ですね。
しかし、無垢フローリングは扱いが難しい点もあり、少なからずデメリットがあるということも頭に入れておく必要があります。

 

まずデメリットとして挙げられるのが、水分を吸収して曲がったり割れたりする可能性があるということです。
無垢材は調湿効果があり室内を快適に保ってくれる半面、過剰な湿気や乾燥により収縮し、上記のように破損する場合があるので注意が必要です。

 

またそのような特性から、乾燥の多い冬にはフローリングの間に隙間ができてしまうこともあります。
それに加えて下地材との接着不良やサネ部分の接触により、ギシギシという床鳴りをする可能性もあるということを知っておきましょう。
最後に、水に弱く傷やシミができやすいというのも無垢フローリングのデメリットです。

 

以上の点に気を付けて、きちんと手入れをしていれば、無垢フローリングは時間の経過とともにより深みのある美しい風合いを持つようになります。
無垢フローリングのメリット・デメリットをしっかりと頭に入れ、素敵な床で暮らしていきましょう。