リフォームとリノベーション

近頃よく聞かれるようになった「リノベーション」という言葉。
言葉を聞いたことはあり何となくなイメージは持っていても、それはリフォームと何が違うの?と聞かれて説明できる人は少ないのではないでしょうか。

 

リフォームとリノベーションの大きく違う点、それは老朽化した建物を新築の状態に戻すのか、性能を新築の状態よりも向上させるのか、という点です。
リフォームの場合は、例えば「故障したトイレを使えるようにする」といったような、老朽化を元と同等に戻すといった意味合いで使われます。
外壁の塗り直しやキッチン設備の変更などもリフォームに当たり、工事の規模も比較的小さいものになります。

 

一方でリノベーションは、家全体に関わるような大規模な工事により、新築時よりもデザイン性や性能を向上させるもののことを指します。

大幅な間取りの変更や、耐震工事、水回りの設備をすべて一新するといったようなものがリノベーションに当たります。

 

以上、両者の違いについて説明しましたが、実際のところ両者の線引きはとてもあいまいな部分が多いです。
ですので、あまりきっちりとした線引きにこだわらず、「なんとなくこういうもの」という程度に感じていれば十分なのではないでしょうか。