長期優良住宅とは?

みなさん「長期優良住宅」という言葉をご存じでしょうか?

この言葉は、新しい住まいをお考えの方にはぜひ知っておいていただきたい言葉です。

というのも「長期優良住宅」の承認を得ることで、様々な優遇を受けることできるようになり、得することがあるからです。

 

この長期優良住宅に関する法律が2009年にできました。

 

その目的としては
・大規模災害にも対応することができる住宅
・耐久性のある住宅を増やす事でより長期渡って住むことができる住宅の割合を増やすこと
・住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制すること
・建替えにかかる費用の削減により国民の住宅に費やす費用を減らすこと

以上の四つがあげられます。

 

 

長期優良住宅に認定されるには、様々な条件をクリアしなければなりません。
・耐震性・耐久性能
・維持管理・更新の容易性
・住戸面積
・省エネルギー性
・居住環境
などが挙げられます。

 

もしこれらをクリアして長期優良住宅に認定されると、補助金が100万円程度受けられるという優遇制度があります。

 

他にも住宅エコポイントやローン減税などもありますから、経済面においてうれしいことばかりです。

 

もし今後新しい住宅を建てるならば、長期優良住宅に認定されるような住宅を建てると良いでしょう。