防犯性のある住まいづくり

やはりどの家庭でも新しい住まいを建てる際には「防犯性」を重視することが大切です。

防犯性がしっかりしていなければ、不法侵入や盗難などの被害に遭ってしまいます。

他人事だと思われがちですが、思っている以上に犯罪は多く起こっているのです。

したがって、防犯性を高めることは非常に大切なことなのです。

 

今回は防犯性のある住まいづくりをするためのポイントを2つご紹介させていただきます。

 

まず1つ目のポイントは隠れられる場所をつくらないことです。

電柱や茂った木など、家の周りに身を潜められる場所はありませんか?
侵入者はそういった場所に隠れ、家の中の様子をうかがっているのです。

隠れられる場所を作らないことが大切ですが、どうしても無理な場合はセキュリティーライトを取り付けるなどしましょう。

 

そして2つ目のポイントは「窓に防犯ガラスを取り入れること」です。

戸建ての空き巣被害で一番多い侵入方法は窓からです。
窓に防犯ガラスを採用することで、窓が割られにくく侵入者は焦って諦める可能性が高いです。

 

いかがでしたか?
ぜひ以上のことに気をつけて、防犯性の高い住まいづくりをされてくださいね。