シックハウス症候群とは?

住まいは生活をするにあたって重要なものであり、いつだって快適で安らぎのある空間にしたいものですよね。

住まいづくりをするにあたって「シックハウス症候群」という言葉を知っておいていただきたいものです。

 

シックハウス症候群というのは、住まいが原因で起こる体調不良のことです。

特に新しい家やリフォーム後の家でこのシックハウス症候群が起こることが多いです。

 

暮らし始めたら頭痛がする、外出先から帰ってきて家に入ると目がちかちかするなどの症状が現れるようになります。

 

シックハウス症候群の原因として
・住宅の高気密化による室内空気循環の悪化
・家具や壁紙の接着剤に含まれる揮発性化学物質の拡散
の二点が挙げられます。

 

症状としては上記に挙げたこと以外には、
・めまい
・鼻づまり
・じんましん
・耳鳴り
などが挙げられます。

 

花粉症や風邪などの他の症状と区別が付きにくいため、シックハウス症候群だと気づくのに時間がかかるケースが多いです。

 

ホルムアルデヒドなど有害物質が溶け込んだ空気を知らず知らずのうちに吸い込み続けて症状が重くなったり、あるいは、今まで使っていたシャンプーや化粧品などでもアレルギー症状が出るようになってしまうこともあります。

 

シックハウス症候群にならないよう空気環境に注意を払った家づくりをしましょう。