チョーキング現象とは?

皆さんチョーキング現象という言葉をご存知でしょうか?

なかなかこの言葉を聞くことはありませんし、おそらく多くの方がご存知ないことだと思います。

 

ですが、実は皆さんチョーキングを目の当たりにしたことがある方がほとんどなのです。

小さい頃に学校の壁などに寄りかかっていたら、白いチョークの粉のようなものが洋服についたという経験をされたことはありませんか?

 

これがまさに「チョーキング現象」なのです。

このチョーキング現象は、住まいにも起こることがあります。

 

この現象は、外壁塗装の塗り直しサインです。

チョーキング現象を発見したならば、すぐに業者に相談して塗り直しをしてもらうようにしましょう。

 

もし、このチョーキング現象を放置しておくと、家が徐々に劣化していきます。

なぜなら、外壁塗装は外壁を保護する役割を持っているのにもかかわらず、外壁が劣化しているのでその保護機能がなくなってしまうからです。

この塗装がなければ、風や雨などの影響によって徐々に劣化していくということです。

 

塗装は塗り直すことができますが、外壁自体が劣化してしまい、
家自体が劣化してしまうまで放置してしまうと、修理費が外壁塗装の時と比べて倍にかかってきてしまいます。

 

なるべく早めに相談するようにしましょう。